バイアグラ

メガリスとカマグラの違いを徹底調査

メガリスとカマグラはともにジェネリックのED治療薬で、先発薬よりもかなり安く入手できるのが特徴です。
メガリスはタダラフィルを有効成分とし、優れた持続力を誇っています。
食事の影響を受けにくい上に持続性が高く、マイルドな勃起力を発揮してくれます。
違和感のある勃起力ではなく、無理なく自然と勃起してくれる感覚です。
カマグラの有効成分はシルデナフィルで、メガリスとの違いはガツンとした力強い勃起力にあります。

レビトラジェネリックも人気のED治療薬ですが、現在は販売中止となって入手が困難です。
メガリスとカマグラは現在も個人輸入代行サイトから購入することができます。
大量購入をするほど安くなるため、4箱以上で購入する方が多いです。
カマグラには100mg錠タイプがあり、こちらは日本人の体型を考えると有効成分が多いので、半錠の50mgにして飲むのがおすすめです。
50mg錠も販売されていますが、100mg錠を二分割して飲んだほうがお得になります。

メガリスとカマグラはいずれも血管拡張をして、陰茎海綿体を元気にさせるのが目的です。
若く元気なころの下半身に戻してくれると考えるとわかりやすいでしょう。
ジェネリックなので先発薬より実感度は劣ると考える人がいますが、実際はほとんど差がありません。
ただしプラシーボ作用によって、ジェネリックは実感しにくいという先入観があると、本当に実感度が落ちるので注意してください。

メガリスは土日に服用して、週末にたくさん性行為を楽しみたいカップルに適しています。
最長36時間も持続してくれるので、翌日になってもペニスは元気なままです。
カマグラはガツンとした瞬発力があり、アスリートタイプのED治療薬と言えるでしょう。
1回の性行為をとにかく充実させたい方にとって最適で、ED治療薬の中でもトップクラスの勃起力を発揮してくれます。
メガリスとかマグラは持続性と瞬発力のどちらを重視するかによって選ぶとよいでしょう。

レビトラジェネリックはもう販売できないの?なんで?

レビトラジェネリックは人気がありますが、日本国内ではレビトラの特許が有効なため厚生省から認可を得たレビトラジェネリックは販売中止となっています。
中には男性専門のED薬処方クリニックで、個人輸入で偽物の海外製のレビトラジェネリックを仕入れて処方しているので注意が必要です。

非正規品のレビトラジェネリックを服用すると、強い吐き気や下痢の健康被害が出ることもあります。
非正規品のレビトラジェネリックは購入しない方が安全です。

国内では正規のレビトラジェネリックは購入することができませんが、海外の通販サイトではインド製ですが数種類が販売されています。
中には悪徳業者が偽物とすり替えて販売しているケースも多いです。
特に日本は個人輸入の法整備がゆるいので世界的にも狙われやすくなります。
個人輸入で国内に入ってくる医薬品の中でも、ED治療薬は偽物が多いので気をつけてください。

日本ではカマグラとメガリスが人気の高いジェネリックED薬ですが、メガリスの方が錠剤が小さくて飲みやすいです。
カマグラはメガリスの倍以上の大きさがあるので飲みにくいという意見もあります。

カマグラはいろんな種類が多いのが特徴で、類似品が多いのでよく確認して選ぶことが大事です。
メガリスは類似品がないので安心して選ぶことができます。
どちらも一回一錠を水で飲みますが、必ず24時間は間隔を空けるようにしましょう。

有効成分はカマグラがシルデナフィル100mgで、メガリスがタダラフィル20mgです。
有効成分に違いがあるので人によっては効き目に違いがあります。
カマグラの方が強く勃起するイメージがあるのに対し、メガリスは自然に勃起するのを補助するイメージです。
カマグラの方が効き目がでるまでに20分から30分くらいかかり、メガリスは1~3時間くらいかかります。