バイアグラ

バイアグラ、レビトラ、シアリス、それぞれの特徴

日本国内ではバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類のED治療薬が承認されています。
3種類のED治療薬には、それぞれ異なる特徴があります。
バイアグラとレビトラには即効性があり、シアリスは遅効性が大きな特徴です。
またシアリスは持続時間が非常に長く、最大で36時間ほど続きます。シアリスは遅効性でペニスが勃起するようになるまで約3時間必要です。
バイアグラとレビトラは即効性があるので、服用後20分から30分でペニスが勃起し始めます。

ED治療薬を服用すると血管が拡張されて軽いめまいを生じる場合があります。
また血流の促進により頭痛やほてりなどの症状が見られます。
バイアグラとレビトラは短時間で強力にペニスを勃起させるので、めまいなどの症状も現れやすいのが特徴です。
一方シアリスは体内でゆっくりと吸収されるため、めまいなどがあまり見られないという特徴があります。
バイアグラやレビトラと比較して、シアリスは体に負担をかけずにED治療ができます。

3種類のED治療薬は含まれている有効成分にも違いが存在します。
バイアグラの有効成分はシルデナフィル、レビトラの有効成分はバルデナフィルです。この2種類は即効性があります。
シアリスの有効成分はタダラフィルで分子構造がブロック状なため、体内で時間をかけて吸収されます。
遅効性と長い持続時間が大きな特徴です。
バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤がありますが、100mgは日本国内では承認されていません。
持続時間は用量に関わらず約5時間です。

レビトラとシアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
病院でレビトラやシアリスを使用してED治療を行なう場合には、10mgと20mgを処方するのが一般的です。
レビトラの持続時間は10mgが約5時間、20mgは約10時間になります。
シアリスの持続時間は10mgが20時間から24時間で、20mgは30時間から36時間です。

最近はそれ以外のED治療薬も出ているらしい

日本ではバイアグラとレビトラ、シアリスの3種類がED治療薬として承認されています。
病院で処方を受けることができますが、通販サイトを利用して個人輸入することも可能です。
海外から個人輸入すれば、病院で処方を受ける場合よりも費用を抑えることができます。
即効性を求めるならばバイアグラやレビトラを選択します。
長い持続時間や体への負担の少なさを重視する場合にはシアリスを選択することになります。

バイアグラは食事の影響を受けやすいという特徴がありますが、レビトラやシアリスは食事の影響をあまり受けません。
レビトラは700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を服用前に摂取できます。
シアリスは800kcal以下の食事を服用前に摂取しても問題はありません。
性行為前に食事を摂る必要がある場合には、レビトラやシアリスを選択します。
最近では韓国の製薬会社が開発したザイデナというED治療薬も利用されるようになっています。

ザイデナはアジア人向けに開発されたED治療薬です。
バイアグラ、レビトラ、シアリスに続くED治療薬として人気があります。ザイデナには有効成分であるウデナフィルが100mg含まれています。
血管を拡張して血流を促進しペニスを勃起させる仕組みは、他のED治療薬と同様です。ザイデナの持続時間は約12時間とされます。
また食事の影響を受けにくく、めまいや頭痛などの症状も現れにくいのが特徴です。
即効性があり、服用後約30分でペニスが勃起するようになります。

ザイデナはバイアグラやレビトラのように即効性がありますが、体への負担が少ないというメリットが存在します。
またバイアグラのように食事に影響されないため、食後に服用することもできます。
持続時間も12時間と長いのが特徴です。様々な優れた特徴を備えているため日本でも人気です。